家庭菜園 シュンギク種蒔きは?追肥は?プランター選びは?

公開日:  最終更新日:2015/08/10

春菊は耐寒性が非常に強いので、真冬に保温を行わなくても

れてしまうことはあまりありませんが、生育が緩慢となるため、

ビニールトンネル保温を行うと良いです。

スポンサードリンク

こちらでは、家庭菜園 シュンギク種蒔き、追肥、プランター

選びについて、お伝えしましょう。

家庭菜園 シュンギク種蒔きは?

シュンギクは、春作、秋作どちらもできます。

春作:3~4月蒔き⇒5~6月収穫。

秋作:9月蒔き⇒11月収穫スタート⇒翌年1~2月まで収穫。

どちらの作型も比較的栽培は容易ですが、秋作のほうが収穫期

の害虫が少なく、長期に渡る摘み取り収穫栽培が可能です。

春作では栽培後半が初夏となるため、虫が多過ぎて防除にも限

界があり、長期間の摘み取り収穫を無農薬栽培で行うのはかな

り難しいです

(防除できたとしても暑さでトウ立ちしてしまう可能性があります)。

一方、秋作は収穫が11月頃からとなるため、時期的に害虫が少

なく、結果的に多収となります。

品種にもよりまずか、特に摘み取り種の場合には秋作がお勧め

です。

null

家庭菜園 シュンギクの追肥は?

元肥が含まれない培養土や古土を使用する場合、間引きの時に

スポンサードリンク

元肥を施しますが、栽培期間が長いので、定期的な追肥も必要

です。

暖かい季節なら収穫後の生育を維持するため2週間に1回程度、

寒い季節は4週間に1回程度、葉色を見ながら定期的に追肥し、

成長を促進します。

葉の色愛を見て明らかに栄養不足と考えられる場合は、液肥で

対応します。

*水のやりすぎや日照不足による生育不良を肥料不足と見誤っ

て追肥してしまうと逆効果です。

家庭菜園 シュンギクのプランター選びは?

シュンギクは摘み取り収穫の場合、栽培期間が非常に長くなり

まかーすが、レリープランター以上のプランターであれば特に

問題なく育ちます。

レリーフプランター650(幅65cm)なら、播種は点まき(直播き)、

一か所当たり5粒、4点蒔きがお勧めです。

*幅が65cmのプランターを使用する場合、プランターのサイド

から10cmのところに1点。

そこから15cmおきに合計4点

*間引き菜収穫を目的として条まきにしても良いです。

まとめ

シュンギクは夏の暑さでトウ立ちしてしまいます。

そのため、栽培は夏季を避け、春作なら夏前には栽培を終える

ように、秋作なら暑さが和らいだ頃に播種を行うスケジュール

とします。

【家庭菜園 関連記事】

  • 家庭菜園 ブログ 野菜
  • スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑