家庭菜園で起こる病気

公開日:  最終更新日:2015/08/10

家庭菜園では、いろいろな病気に悩まされます。

野菜や果物が病気になる原因は、家庭菜園の日光不足や風通し
が悪くて蒸れてしまったり、アブラムシなどの害虫からウイル
スを媒介されてモザイク病になってしまうこともあります。

また、雨が無く続いた時にも病気が発生しやすいとされ、適切
な手入れをしないとどんどん元気がなくなって、最後には枯れ
てしまうでしょう。

気が付いた時に葉を摘んだり、病気の苗を抜くようにします。

家庭菜園では、病気に気付いたら、早い段階で対策をしないと次
々と病気が蔓延してしまうこともあり、普段から注意深く観察し
ていくことが大切です。

よく発生する病気には、粉を吹いたように見えるうどん粉、葉の
裏にすすのようなカビが生えるべと病、実に黒い星が出来るくろ
ほし病などです。

家庭菜園で、葉や茎がいつもとは違う様子なら、ガイドブックな
どで調べるように習慣付けるとよく、初心者にとっては見慣れな
くても、何度が見ていれば病気の違いも分かるようになるでしょう。

病気の野菜には薬剤をまいて被害を食い止めます。

スポンサードリンク

家庭菜園への効果的なまき方は、風の無い日を選んで、葉から軽く
しずくが垂れるくらいにかけるのが適量とされ、行う時は薬剤が肌
に掛からないように全身を覆う服装にして、マスクやゴーグルもす
ると安心です。

スポンサードリンク

家庭菜園で一番頭を悩ませるといってもいいのが病気です。

日光不足、風通しの悪さ、アブラムシなどの害虫などが原因で病気
になることが多いようです。

起こりやすい病気として、粉をふいたように見えるうどん粉、葉の
裏にすすのようなカビがはえるべと病、黒い星ができるくろほし病
がります。

何か違うな、と異変に気づいたら、ガイドブックなどで調べましょう。
調べるうちにどんどん分かるようになってきます。

では実際に病気になってしまったらどのようにすればいいのでしょうか。
まず、葉を取る、苗を抜くことです。
野菜の場合は薬を使用し、他の野菜への被害を防止することもできます。

薬を使用する場合は、風のない日に、葉から薬の雫が落ちるくらいに
かけるのが適量です。
また、薬が肌にかからないよう服装に注意し、マスクやゴーグルをするようにしましょう。

【家庭菜園 関連記事】

  • 家庭菜園 ブログ 野菜
  • スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑