肩こり解消は最新治療で?正しい姿勢をする?自宅でてきる?

公開日: 

例えば、耳の真下におもりのついたひもを下げたとき、ひもの

ラインが肩の上、股関節の中央、ひざの前、くるぶしの前を一

直線で結ぶことができた状態が正しい姿勢です。

あごを引いて背筋を伸ばし、左右の肩が同じ高さになっている

かを、ときどき鏡でチェックしましょう。

スポンサードリンク

ここでは、肩こり解消は最新治療で、正しい姿勢をする、自宅

でてきるについてお伝えしましょう。

肩こり解消は最新治療で?

病院や整体院などで専門家の診察を受けることにより、最新の
治療法を見つけることが出来ます。

専門家に通うことで、肩こり解消グッズの使用法や、ストレッ
チの方法などを正しく学ぶことも出来ますので、新しい肩こり
解消法を得ることができるでしょう。

仕事や日常生活の疲れ、ストレスなどで肩こりに悩んだら、早
めの相談が大切です。

ひどくなると痛みが出たり、別の病気を引き起こしてしまう場
合があるからです。

ネックレスやリング、マッサージやストレッチなど様々な解消
法がありますが、根本的な原因を探るにはやはり専門家の意見
を聞くのが一番です。

早めに受診し、自分の身体を理解し、最新の治療法で肩こりを
解消していきましょう。
null

肩こり解消は正しい姿勢をする?

悪い姿勢は肩こりの原因です。
猫背などは余計な負担をかけ、肩に疲労物質をため、肩こりを
引き起こしてしまいます。

常に正しい姿勢でいることが大切なのです。
仕事など座っている機会が多い場合は、イスに深く腰かけて両
足の裏を地面につけて座るのがポイントです。

スポンサードリンク

腰かけた状態でひざが90度よりもやや曲がるくらいのイスの高
さがよいでしょう。足を組んだり、浅く腰かけることは姿勢を
悪くし、肩こりの原因となってしまうので注意しましょう。

立ち姿勢は頭のてっぺんが天井からつられているようイメージ
し、背骨のS字カーブを意識するようにしましょう。

肩の力を抜き、首、背中を伸ばすことで、無理な力がかからず、
肩こりの解消、予防へと効果が出ます。

車の運転にも注意が必要です。運転時の緊張感や眼や精神的な
疲労などが原因となります。1時間に1回は休憩を入れるように
し、筋肉をほぐすようなストレッチなどを心がけましょう。

姿勢は肩こりと大変関係しているのです。

肩こり解消は自宅でてきる?

自宅でも簡単に肩こり解消のマッサージを行うことができます。
首筋、肩、背中の順番で押したり、もんだりして筋肉をほぐす
ことは自分でもできます。

また、家族に手伝ってもらえる場合は、首筋、肩、肩胛骨周辺、
背中の順番で行うと効果的です。注意する点は、力を入れすぎ
ないこと、同じ場所を集中してもまないことです。

逆に筋肉を傷つけてしまう恐れがあります。ゆっくり時間をか
けて、自分の身体と相談しながらマッサージすることが大切で
す。

肩こりは長時間の同じ姿勢、悪い姿勢などによって、血行不良
を起こし、筋肉が硬くなってしまうことに原因の一つがありま
す。

ひどくなって頭痛や腰痛などを起こしてしまう前に、緊張して
いる筋肉をほぐし、血行を改善し、肩こりの解消をしていくこ
とが大切です。

まとめ

肩こりは女性に多くみられ、とくになで肩やねこ背、首が細く
てきゃしゃな体型の人に多くみられます。

逆に肥満型の人も肩こりが起こりやすくなります。老化や内臓
疾患も肩こりの原因となります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑