熱中症 種類?救急処置?防ぐポイント?

公開日: 

乳幼児や高齢者は、熱中症を起こしやすい傾向にあります。

特に暑い日や梅雨明けは注意しましょう。

スポンサードリンク

熱中症救急対策マニュアル

熱中症の種類は?

熱中症とは暑い環境で発生する健康障害で次のように分類され

ています。

・熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し脳血流が減少して起こり

ます。

特徴

めまい

一時的な失神

顔面蒼白

・熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリム)濃

度が低下した時に、腕、足、腹部の筋肉に痛みを伴ったけい

れんが起こります。

特徴

筋肉痛

手足がつる

筋肉がけいれんする

・熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水

状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴

全身倦怠感

悪心・嘔吐

頭痛

集中力や判断力の低下

・熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。

意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみ

られたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴

体温が高い

意識障害

呼びかけや刺激への反応がにぶい

言動が不自然

ふらつく

熱中症別の救急処置は?

「熱中症」にはさまざまな症状があります。

めまいやふらつきなど熱中症の初期症状に気付いたらすぐ休

むべきですが、もともと体調が悪いために頭痛や倦怠感を感

じている方は、熱中症になっていても気付かないことがあり

ます。

また熱で意識がもうろうとしてきて、自分の状態を判断でき

ないまま急に意識を失う場合もあります。

万が一熱中症が起きてしまった時には、適切に応急処置をす

スポンサードリンク

る必要がありますが、以下の点を観察しひとつでも当てはま

れば、すぐ医療機関に連れて行きましょう

本人の意識がはっきりしていない

自分で水分や塩分(ナトリウム)が摂取できない

症状がよくならない

null

・熱けいれん

生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給すれば通常は回復します。

・熱失神・熱疲労

涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれ

ば通常は回復します。

・熱射病

死の危険のある緊急事態です。

集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。

また、いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を

左右するので、身体を冷やすなど現場での処置が重要です。

熱中症を防ぐポイントは?

・乳幼児

子どもを十分に観察しましょう

顔が赤く、汗をたくさんかいているときには、すぐに涼しい場所へ!

服装を選びましょう

暑さに応じて、脱ぎ着できる服装がベスト!

水分をこまめに飲ませましょう

日頃から暑さに慣れさせましょう

日頃から外遊びすることで、暑さに負けない身体づくりを!

・高齢者

こまめに水分補給をする

シャワーやタオルで身体を冷やす

暑いときには無理をしない

部屋の風通しを良くする

涼しい場所・施設を利用する

エアコン・扇風機を上手に使用する

部屋の温度を測る

涼しい服装をする

緊急時・困った時の連絡先を確認する

まとめ

寝不足や疲れがたまって体調が悪いときや、二日酔いや下痢で

体内の水分が減っているときには、体温を調節する身体の仕組

みが普段通りに働かないため、熱中症を起こす危険性が高くな

ります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑