家庭菜園で作る無農薬野菜?ベランダに向いた野菜?

公開日:  最終更新日:2015/08/10

「家庭菜園には興味があるけど難しそう・・」自分の手で野菜

を一度も作ったことがないので、野菜を作る事はとても難しい

と思チャイそうだが、基本的な作り方を知ったら、無農薬野菜

は誰でも作れちゃいますよ♪

スポンサードリンク

ここでは、無農薬野菜、家庭菜園に向いた野菜、ベランダに向

いた野菜を紹介していきましょう。

家庭菜園で作る無農薬野菜?

家庭菜園で作る野菜が無農薬で作れたら最高です。

家庭菜園の良い点には、農薬を全く使わずに安全・新鮮な野菜
を手に入れられることがあります。

無農薬野菜は体に優しく、野菜本来の味や香りが楽しめ、挑戦
する方も多いでしょう。

また、農薬は土や周りの環境にも良くないので、出来ることな
ら農薬は最低限のみに抑えて野菜作りをしたいものですね。

ですが、無農薬はとても手間が掛かるのがネックです。

絶えず害虫がいないかチェックしておかないと、あっという間
に食べつくされることもあります。

病気も心配で、こまめな世話が出来ないと完全無農薬野菜は初
心者にはとても難しいとされます。

家庭菜園を始めたばかりなら必要に応じて農薬を使い、慣れて
くるごとに少しづつ農薬の量を減らしていけば完全無農薬での
野菜作りも可能ではないでしょうか。

農薬の代わりになるような物を使うのも良い方法で、アブラム
シ退治には薄めた牛乳をスプレーしたり、強い殺菌効果のある

木酢液(もくさくえき)は昔から行われてきた無農薬で野菜を
害虫や病気から守る知恵です。

虫が嫌う匂いがするハーブを家庭菜園に植えるのも効果がある
ようですから試してみても。

家庭菜園でおいしい無農薬野菜を育ててみましょう。

家庭菜園をする方の中には、無農薬にこだわりたい方もいらっ
しゃることでしょう。

確かに、無農薬は体にいいですし、野菜の味や香りも損ないま
せん。

何より安心して新鮮な野菜を収穫することが出来ます。

しかし、無農薬は根気がいる作業です。

害虫、病気などに気をつけなければなりませんし、慣れていな
いと大変です。

初めての方は、最初から無農薬にするのではなく、少しずつ使
う量を減らしていけばいいかと思います。

また、農薬を使わずとも、薄めた牛乳によるアブラムシ撃退や、
木酢液を使うという方法もあります。

ハーブを一緒に植えるという方法もありますね。

無農薬に挑戦して見たい方は、こういった方法を試してみるの
もいいかもしれません。

家庭菜園に向いた野菜?

家庭菜園に向いた野菜を選ぶのは、初心者が上手に野菜を育て
るポイントではないでしょうか。

これから野菜作りを始めるなら、害虫が付かずに病気にも掛か
りにくく、元気で育てやすい野菜を中心に選ぶのがおすすめで
す。

家庭菜園として、あるいはプランターやベランダなどのちょっ
とした野菜作りに、栽培が簡単なものを植えてみませんか。

だれでも手軽に育てられる野菜にはサニーレタスなどのレタス
類があります。

レタス類でもリーフレタスは季節にこだわらずに作れ、初心者
向けの野菜です。

種を植えてから1ヶ月で収穫できるハツカダイコンも良いですね。

プランターでも充分育ち、赤い色はサラダの彩りにもってこい
です。

シュンギクやコマツナも初心者が簡単に育てられる野菜で、ス
クスクと大きくなってくれます。

こまめな世話が不要のシシトウに、カブも初心者向けの野菜に
挙げられるようです。

また、野菜ではありませんが、家庭菜園にハーブを植えるのも
楽しめ、お料理やお菓子の風味付けに、香りの良いハーブティ
やポプリにもなります。

スポンサードリンク

マリーゴールドはコンパニオンプランツとして知られていて、

良い影響を与えて野菜の生育を促進し、きれいな花を咲かせ、
家庭菜園を素敵にしてくれるでしょう。

家庭菜園向きの野菜を選び、丹精込めて世話すれば、多くの収
穫が得られます。

初めての方はやはり家庭菜園向けの野菜を選ぶといいでしょう。

たとえばレタス類。サニーレタスなどはプランターやベランダ

で育てられますし、リーフレタスは季節を問いません。

また、ハツカダイコンは1ヶ月で収穫ができます。

食卓によく上る食材としては、春菊や小松菜がお勧めです。

また、シシトウ、カブは世話がしやすいです。

そのほかにハーブもあります。ハーブティやポプリ、お菓子な
どにも使うことが出来ます。

マリーゴールドは一緒に植えることで、野菜の成長が促進され
ます。

また、初心者の方は、何よりも、害虫がつきにくく、病気にか
かりにくい野菜を中心に選ぶとよいでしょう。

これだけで、初心者の方でも家庭菜園を楽しむことが出来ます。

null

家庭菜園ベランダに向いた野菜?

家庭菜園で新鮮な野菜を育てるには、初心者にも栽培が簡単な
野菜を選ぶのがコツのようです。

ベランダで育てるのに適した野菜にはどのような種類があるの
でしょう。

ベランダ家庭菜園で育てやすいのは、レタス、細ネギ、コマツ
ナ、シソが代表格です。

他にもチンゲンサイやシュンギク、カブといった野菜なら初め
てでも簡単に育てることが出来ます。

これらは生育も早くて丈も低く、支柱なども使いませんから手
入れがラクですし、失敗も少ないでしょう。

また、ベランダの日当たりから選ぶことも大切です。

日が良く当たる南側のベランダには、強い光を好むピーマンや

シシトウ、キュウリ、ゴーヤなどが向き、逆に北側のベランダ

には日陰を好むミツバやミョウガを育てるのにピッタリです。

家庭菜園をするには日当たりが悪い・良すぎるから難しいと思
っていても、それぞれに適した野菜を選べば良いのです。

それから、ベランダ家庭菜園をする注意もあります。

建物の構造によってはベランダの日当たりや風通しが悪い場合
があり、病気が発生しやすいことがあるようです。

乾燥にも気をつけます。

家庭菜園は手軽に誰でも始めやすいベランダからスタートさせ
るのは良い方法です。

経験を積んで、是非露地栽培にも挑戦していきましょう。

土地がないからベランダで育てたいという方は、日当たりや風
通しにまず気をつけてください。

野菜によっては日光を好むもの、日陰を好むものに分かれます。

日光を好む野菜にはピーマン、ししとう、きゅうり、ゴーヤが
あります。
逆に日陰を好む野菜にはミツバやミョウガがあります。

それに気をつけて選べば、誰でもベランダの家庭菜園を楽しむ
ことが出来ます。

たとえばレタス、細ねぎ、小松菜、シソはその代表例です。

他にもチンゲンサイ、春菊、カブは初心者でも簡単に育てられ
ます。

上記の野菜は手入れも簡単で、成長も早いので、失敗も少ない
かと思われます。

ベランダの日当たり、風通しはどうなのか確認し、育てていく

うちに経験が積み重なりますから、数年後には屋外での家庭菜

園を楽しんでもいいのではないでしょうか。

まとめ

「自分で野菜を作ってみたいな~」
こんな希望を持たれたこと、ありますよね!?(^^)

「今は無理でも、いつか将来は…!」
と思われている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

花を育てるのもモチロン楽しいですが、
「食べられる」「収穫できる」
やっぱり、この2つの楽しみは格別ですよね。

あなたもやってみますか!♪

【家庭菜園 関連記事】

  • 家庭菜園 ブログ 野菜
  • スポンサードリンク

    シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    Your Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑