非常用電源 家庭用 ポータブル蓄電池?車のバッテリーはどう?発電機はどう?

公開日: 

これまで屋外で電気を使用する際、エンジン式発電機を使用す

るのが主流でしたが、近年ではガソリンを購入する際の制限や、

ガソリン取り扱いの不注意による事故、排気ガスによる一酸化

炭素中毒事故、エンジンの騒音や排気ガスなどの問題があり、

世間の目を気を使いながら使用する必要があります。

また、蓄電用バッテリーとしては鉛ディープサイクルバッテリ

ーがキャンピングカーや車中泊、マリンなど で役割を担って

きましたが、電圧降下特性による放電制限や急速充電ができな

いこと、重量やサイズな ど不便を感じておりました。

リチウムイオンバッテリーの登場により、キャンピングカーや

車中泊、マリンなど従来のエンジン式発電機 や従来の鉛ディ

ープサイクルバッテリー(蓄電池)から、リチウムイオンバッ

テリーを使った電源への置換えが徐々に進んできております。

スポンサードリンク

それでは、非常用電源 家庭用 ポータブル蓄電池と車のバッテ

リーと発電機について紹介します。

非常時の対策 家庭用蓄電池(家庭用蓄電池)の使用説明

非常用電源 家庭用 ポータブル蓄電池?

クーラー、電熱器、電子レンジといった消費電力が大きい家電

製品の使用は無理でして、あくまでも非常電源ですから、消費

電力が小さいパソコン、スマホ、ラジオといった情報家電しか

使えません。

今注目されているのが電気自動車を家庭バッテリーとして使お

うというシステムです。

電気自動車が蓄電池を積んでいるのであれば、家庭用機器の非

常用電気に使えるという発想ですね。

これが今実用化されて市場に投入されつつあります。

・ワンゲイン社は、「キャリ電」により照明器具なら12時間、

 電気毛布は2~4時間使用できるタイプを約9万3千円で発売

・シャープは、リチウムイオン電池で大型冷蔵庫を約3時間半

 動かせる製品を31万円で発売。

・日立マクセルは、ボータブル蓄電池を16万円で発売

非常用電源 家庭用 車のバッテリー?

◆車のバッテリーを、100V器具で使ってみました!

節電対策のため、車のバッテリーを、家庭用の電源として使

えるか検証してみました。

回路はとてもシンプルで、車のバッテリー(12V) を、イ

ンバーター(12Vを100Vにします)に接続するだけ。

当初は、インバーターを作ってみようと考えていたのですが、

車のバッテリーを買いにスーパービバホーム(ホームセンタ

ー)へ行ったら、すでにカー用品売場で売ってます。

作るのも手間なので、バッテリーと一緒に、購入してしまい

ました。

それで購入したものは次の3個。

①車のバッテリー(38B19L ジーエスユアサ) → 一番

 安かったので。

②インバーター(SPI-30 大自工業株式会社) → 240

 Wと大きいので。

スポンサードリンク

③充電器(No.1736 大橋産業株式会社) → バッテリー

 がなくなったら、充電します。

電気の種類は2タイプあります。

一般家庭用コンセントの電気はAC100V(交流100V)とい

うものです。

クルマのメインバッテリーやサブバッテリーは一般的にDC

12V(直流12V)です。

DC12V(直流12V)では家電製品が使えません。

DC12V(直流12V)のバッテリーで家電製品を使う為には

電気の種類をAC100V(交流100V)に変換する必要があり、

その変換を行う機器がインバーターと呼ばれている物です。

非常用電源 家庭用 発電機?

発電機のアウトレットにつないで使用します。

多くはつなげませんが、発電機の容量内で家の中の電化製品を

使えます。

照明はスタンドや吊り下げる電灯等を使います。

発電機の使用は、密閉場所で使用しないようにしましょう。

て一酸化 炭素中毒になります。

換気のよい所で使用しましょう。

発電機には「手動式」と「エンジン式」があります。

・手動式発電機
null
手動式発電機は、ペタルやハンドルを回して電力を起こす発電

機です。

エンジン式発電機と比べると、発電量は100W程度なので、携帯

電話の充電や簡易的な照明用の発電機と思って下さい。

(LED5灯が72時間点灯できるレベル)

価格が安く、ガソリンを使わないので発電にかかるコストはゼ

ロです。

ただし、発電するには力と根性がいります。

また、手軽で持ち運びが簡単なので、一戸建てでもマンション

・アパート、急な停電や震災などの使用に適しています。

しかし、必要な電力を確保するには、労力が必要です。

例えば「まわしてチャージ充電丸」という手動発電機の場合、

約100w/hの電力を作るためには毎分45~90回転以上の速度で8

~10時間ペタルを漕がなければいけません。

ですから、使い易いアイテムとはいえないですね。

・エンジン式発電所

null
エンジン式発電機は、お祭りの屋台などでも利用されている

ガソリンを使った発電機です。

手動式よりもはるかに発電量が多く、500~800W近くの電力

を作ることができます。ある程度の電化製品であれば普通に

使うことが可能です。

価格は30,000~100,000円程度が相場。

エンジン式発電機のデメリットは、ガソリンを動力源として

いるので臭いと騒音が大きいこと。室内で使うことができま

せん。

またマンションやアパートで利用する場合、特に騒音が問題

になります。

ガソリンを使うのでランニングコストもかかりますし、東日

本大震災のようにガソリンが簡単に手に入らない場合には一

切使うことができません。

一家に一台用意しておくと便利ではありますが、急な停電な

どには向いておらず、主に野外で利用する人に向いている発

電機と言えます。

まとめ

非常用電源 家庭用をどれかひとつは用意しておきたいですね。

最低限のものを用意して災害に生かしていきましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑