三大成人病と関連深い症状とは?糖尿病の関係?高脂血症の関係?

公開日: 

運動不足や問題のある食事習慣(栄養の偏りや食べ過ぎ)が成

人病になる原因の生活習慣の代表です。

成人病とは糖尿病、高血圧症、動脈硬化、心臓病、悪性腫瘍、

通風、骨の退行性変性など、40代から60代半ばの中年から

老年に向かう働き盛りに発症することが多い病気を総称してい

います。

その中でも、ガン、心臓病、脳卒中を、「三大成人病」と呼び

ます。

中高年の死亡率の上位3位がこの病気によるもので、全体の死

亡率でも60パーセントを占めているとまでいわれます。

ここでは、三大成人病と関連深い症状、糖尿病の関係、高脂血

症の関係について、お伝えしましょう。

三大成人病と関連深い症状とは?

三大成人病は糖尿病、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症、肥満

等と大きな関わりがあります。

こういった症状が原因となって三大成人病へとつながることも

多く、こういった生活習慣病をまず予防することが三大成人病

の防止へとつながります。

さらに、これらの症状は肥満をのぞくと血液に関する症状で、

糖、脂、圧力、尿酸となります。

つまり、糖質、脂質、食塩、プリン体の4つの食品と上手に付

き合うことが予防への最善の策なのです。

加えて、禁煙や適度な運動、ストレスを溜めない生活もありま

すが、優先すべきは食事です。

食生活を改善しながら、禁煙や運動、ストレス解消を行ってい

けばいいのです。

それでも健康が維持できない場合は健康食品を使うのもいいで

しょう。

情報に溢れた社会の中で、情報ばかりを集めて頭がカチカチに

なってしまうと、こういった基本的なことを忘れてしまいがち

です。

そんな時こそ、基本に立ち返り、三大成人病や生活習慣病の対

策を練るといいでしょう。

三大成人病と糖尿病の関係?

糖尿病とは、高血糖が持続することで、三大成人病の発症率を

高くします。

三大成人病の中でも、心臓疾患、脳血管疾患は特に発症率が高

まります。

予防法としては、1日3食をしっかりと摂る、たくさん噛み、

食べる時間を長くする、夕食は少なめにする、寝る前に食べな

い、食物繊維を摂る、菓子類やアルコール類は控えるといった

ことがあります。

要は規則正しい生活と食習慣が大切なわけで、肥満対策にも有

効なことです。

ただ、遺伝による糖尿病もあるので、親が糖尿病だと、本人も

かかる可能性は高いです。

そんな場合は特定保健用食品を摂るという方法も選択できます。

スポンサードリンク

有名なものでは健茶王などが厚生労働省によって認可されてい

ます。

健茶王は難消化性デキストリンという食物繊維が食後の血糖値

の上昇を抑え、このことで糖尿病を予防してくれるのです。

糖尿病の危険性は加齢と共に高まります。特に50代あたりか

ら多くなってきますが、それは今までの生活習慣の乱れの表れ

なのです。

ですので、若い頃からの食生活の改善が必要なのです。

null

三大成人病と高脂血症の関係

高脂血症は三大成人病にかかる確率を高める生活習慣病の一つ

です。

高脂血症は血液の中に含まれる中性脂肪、総コレステロール値

が高い状態で、自覚症状はありません。

が、こういったものが血液中に留まり、蓄積されていくとやが

て動脈硬化へとつながります。

そうすると動脈は固くなり、脂質が血流を妨げ、結果、心臓疾

患や脳血管疾患を引き起こすのです。

高脂血症の原因に遺伝もありますが、原因のほとんどは食生活

です。

血液中の中性脂肪が多い人は動物性脂質と植物性脂質、糖質を

摂り過ぎないようにし、アルコールの摂取をやめることが第一

です。

血液中のコレステロールが多い人は、動物性脂肪を取りすぎな

いようにし、アルコールの摂取は控えましょう。

他には規則正しい日常の生活を普段どおり送っていれば大丈夫

です。

また、注意が必要なのは果物です。

果物の中に含まれるビタミンは三大成人病の対策になるのです

が、果糖が多く、糖の摂りすぎに注意が必要となります。

この果糖は中性脂肪値を高くする、低くする、両方の説がある

のですが、自分で自分の体への影響を確認しながら程度を守る

のが一番いいでしょう。

摂りすぎは禁物ですが、それ以外に方法はありません。

まとめ

運動の大切さはわかっていても、それを日常生活のなかで習慣

化するのは なかなか難しいものです。

いったいどうしたら生活のなかに「運動習慣」を取り入れるこ

とができるのでしょうか?

もっとも大切なことは、「運動を楽しむ」ということです。

人それぞれによって、生活スタイルが違いますし、何を楽しい、

価値があると感じるかも違います。

しかし、運動という言葉を聞いただけでストレスに感じ、自分

の身体に鞭を打つようにして重い腰を上げるようでは、長続き

しないでしょう。

もちろん運動をやっていて楽しくありませんよね。

運動を楽しく、長続きするためのコツは、まずは運動に対する

精神的なハードルをさげることです。 そして背中を押してく

れるようなもの、あるいは人を探すことです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑