おせち料理はくわいで出世祈願?くわい おせち料理のレシピ!

公開日: 

年の初めに家族がそろって食べるおせち料理は、その由来から

分かるように、長い年月を経て、使われる食材にも食材ごとに

色々と意味が込められていることは有名です。

スポンサードリンク

お正月を逃がすと、おそらく1年に1回しか食べないのではない

か、という珍しい食材が「慈姑(くわい)」です。そんなくわい

を今回取り上げようて紹介しましょう。

くわい とは!

普段からくわいを食卓に取り入れている。なんてことはほとん

どないと思います。

くわいは、『畑のくり』とも呼ばれ、11月下旬から12月下旬の

短い期間に収穫される野菜で、独特な風貌をしています。名前

の由来は、芽の形が鍬に見えるため「鍬芋」と呼ばれ、そのう

ち略されくわいと呼ばれるようになりました。青慈姑、白慈姑、

吹田慈姑といった3つの品種が知られていて、中でも多く出回

るのが青慈姑という品種です。

null

くわいの栄養分

くわいにはデンプンが豊富に含まれ、程よい苦さと甘味を持ち、
蓮根と同じような食感があります。また、カリウムといった栄
養も豊富に含むことから、余分な塩分の排出を促すのに効果的
です。

おせち料理はくわいで出世祈願?

くわいの調理法は、煮ものが主なです。アクが強いので、下ゆ
でをしてから調理する必要があります。下茹では、皮を剥いて
水にさらし、米のとぎ汁の中にいれて茹でます。

スポンサードリンク

需要は多くないため、一般的なお野菜ではありませんが、古く
から茎の先に芽が見えることから「芽出たい」という意味で、
出世を祈願して正月のおせち料理の食材として使われています。

新年を迎えて、新たな気持ちと意気込みを思いながら、くわい
を味わいたいですね。

美味しいくわい おせち料理のレシピ

おせち料理の食材の一つである慈姑(くわい)のいわれは、芽が
出ることから「めでたい」や出世を祈願し、また子球がたくさ
んとれることから子孫繁栄への願いがこめられています。

▼材料

慈姑(くわい)…6個
もち粉(または白玉粉)…25g
塩・砂糖…少々
乾燥小エビ…少々

▼作り方

(1)クワイは芽の部分を切り落とさないように注意しながら皮
を剥き、30分くらい水に漬けておく。

(2)芽の部分の方を少し残してすりおろす。すりおろしたクワ
イにもち粉、塩、砂糖・手ですりつぶした乾燥小エビを混
ぜ電子レンジで1分加熱する。

(3)ゴムべらでよく混ぜ、荒熱を取ったクワイ餅の生地を、残
しておいた芽の部分を差し込んで元のクワイの形になるよ
うに整える。

(4)180度の油で揚げ、うっすらきつね色になったら取り出し
油をきれば完成!

まとめ

おせち料理の食材の一つである慈姑(くわい)のいわれは、芽
が出ることから「めでたい」や出世を祈願し、また子球がた
くさんとれることから子孫繁栄への願いがこめられています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑