LINE、黒字化でも株価「最安値」 「失望売り」の理由とは

公開日: 

2年ぶりに黒字に転換したものの・・・(LINEホームページより)
無料通話アプリを手がけるLINEの株価が2017年1月26日、
急落した。朝から売りが殺到し、一時は前日比655円安の
3530円を付け、16年8月1日の上場来安値(3780円)をあ
っさり更新した。

LINEは前日の1月25日、上場して初めての通期決算(2016
年12月期)を発表。好調な広告事業を背景に、最終損益
が75億円の黒字に転換したものの、市場の評価は厳しかった。

広告事業が売り上げをけん引
LINEの2016年12月期連結決算は、売上高が前期比16.9%
増の1407億400万円、営業利益は前期から10.2倍増の198
億9700万円と大幅な増収増益を果たした。最終損益は前
期の75億8200万円の赤字から75億6000万円の黒字に転換した。

16年7月15日に東証1部に上場して初めての通期決算で黒
字を確保した出沢剛社長は、2017年1月25日の決算会見で、
「2016年は世界で大きな戦いをしていく準備が整った年
だった。今後もそれぞれのサービスに大きな成長余地が
ある」と、自信をみせた。

業績をけん引したのは広告事業で、売上高は50.2%増の
547億円。具体的には、企業がユーザーに個別のメッセー
ジや広告を送信できる、有料公式アカウント数が拡大。

また、「タイムライン」や「LINE NEWS」の閲覧数の拡大
に伴い、これらのページ内に掲載されるパフォーマンス
型広告が順調に推移。出沢社長は「広告の増加トレンド
は非常に強い」と説明した。

ところが、順調にみえるLINEに株式市場が「冷や水」を
浴びせた。1月26日のLINE株は、上場来安値を記録。一
時、655円安の3530円まで売られた。終値は430円安の
3755円。好調な米株式市場を反映して、東京株式市場に
上場する銘柄も軒並み値を上げたことから、LINEの急落
はことさら目立った。

SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏は、
「LINEについては、そもそも多くのアナリストがバラ色
の決算を考えていたところ、フタを開けたら『そうでも
なかった』ための失望売りといえるでしょう」と話した。

スポンサードリンク

「失望」を生んだ原因を、藤本氏は「ゲーム事業(LINE
GAME)にある」とみている。ゲームは当初、LINEが広告
事業に次ぐ「収益の柱」とみていた事業だ。2016年10~
12月期の売上高の内訳をみると、広告事業が42%なのに
対して、ゲームを含むコンテンツ事業は29%にとどまる。

広告事業が、前期に「稼ぎ頭」だったコンテンツ事業
(15年10~12月期は33%)を上回った格好で、多くの投
資家らが「伸び悩み」と評価した。

イラスト「スタンプ」などのコミュニケーション事業は
19%だった。ゲーム事業は「利益が上がりにくい」
SBI証券の藤本誠之氏は、「すでにゲーム事業は、当た
らなくなっています」という。

LINEが提供している「LINE ポコポコ」や「LINE ディズ
ニーツムツム」などのスマホゲームはリリースから2年
以上が経過。「新たなタイトルを積極的に投入していま
すが、目立ったヒットはありません」と指摘する。

加えて、スマホゲーム市場は、DeNAやミクシィほか、任
天堂が参入するなど競争が激化している。藤本氏は、
「LINEは、(ゲームを含むコンテンツ事業への)投資を
進める方針を打ち出していますが、競争が激化している
うえにゲーム開発費は上昇。

しかも必ずヒットするとはいえないことを考えると、利
益は上げにくくなるばかりです。(ゲーム事業の先行き
は)あまり明るくない」と説明。

その一方で、LINEの出沢剛社長が決算会見で、そんな成
長が鈍化しそうなゲーム事業にこだわる姿勢を見せたの
だから、株価急落もうなずける事態のようなのだ。

さらに、藤本氏は2017年1月26日のLINE株の「売り」の多
くが「アナリストの評価を重視していた機関投資家では
ないか」とみている。「3530円は『底』をついたとみら
れ、逆に、個人投資家は買い進んでいるようすがうかが
えます」という。

「LINEが国内最大の、子どもから高齢者まで利用するコ
ミュニケーションツールであることに変わりありません
し、そのポテンシャルは高いです。考え方を変えて、伸
びている広告事業や新たな、別のビジネスを考えたほう
が高い評価を得やすいと思います」と話している。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑