防犯対策 地域パトロール?プライバシー?プライベートの侵害?

公開日: 

空き巣の6割以上が「ガラス破壊」によるものです

フィルムを貼ることで、ガラスが割れにくくなる

それは、ガラス破壊なら特別な技術がなくても、簡単に侵入で

きるから!

フィルムを貼ることで、ガラスが割れにくくなり、時間を稼ぐ

ことで防犯対策となります!

進入時間がかかることで、70%の犯人が諦めると言われていま

す。

スポンサードリンク

ここでは、防犯対策 地域パトロール、プライバシー、プライ

ベートの侵害についてお伝えしましょう。

防犯対策 地域パトロール?

防犯対策は非常に大切ですが、一番大切な近所づきあいは減っ

ています。

理由としては、近所づきあいの時間がない、隣の人の行動が分

からない、というものですが、これは犯罪を助長するだけです。

空き巣などは恐ろしいのですが、彼らも捕まることは恐れてい

ます。

ですから、近所の人が話しかけたり、防犯パトロールをしっか

りしているような地域には、あまり犯罪者は近づかないのです。

警視庁も地域パトロールを推奨しています。

1人では危険を伴いますが、複数であれば、相手はひるむでし

ょう。

何かない限り、パトロールタイへの反撃はありません。

このパトロールを行うためには近所同士のコミュニケーション

が必要です。

なぜならずっと同じ人がパトロールをするわけにはいかないか

らです。持ち回りをするようにしましょう。

これを決めるときに、お互いに見知っていて、付き合いがある

と話し合いもスムーズに進みます。

付き合いがないと、パトロールになりませんし、地域の防犯対

策も満足にできないのです。

null

防犯対策とプライバシー(防犯カメラ)?

防犯対策においては、警察が率先して行っています。

その代表例が防犯カメラです。

防犯カメラは路上に設置され、24時間対象となる場所を監視

します。
この防犯カメラがあることで、犯罪者はカメラのある場所には

近づきません。

存在するだけで、防犯につながっているのです。

イギリスでは、防犯カメラの設置によって犯罪が減少しました。

スポンサードリンク

そのため、以前は見かけなかった防犯カメラも、最近はロンド

ンあたりになると普通にあるということです。

しかし、防犯カメラはメリットばかりではありません。

防犯カメラにはプライバシーの侵害の問題があります。

「防犯対策と銘打てば、市民の生活を勝手に覗き見していいの

か」という声があるのです。

これを受けて、やがて家の中まで見られるのではという意見さ

え出ています。

しかし、防犯カメラの必要性を感じている人はたくさんいます。

防犯カメラは24時間監視するわけですから、プライバシーの

問題は常に付きまとうでしょう。

防犯対策~職務質問に関するプライベートの侵害~?

防犯対策を行う人は、一般の人に限って言えば、それほど多く

はないようです。

ほとんどは警察に任せているのが現状でしょう。

警察のパトロールは確かに有効です。

犯罪者も、わざわざ警察のいるところで犯罪は犯しません。

警察のパトロール中に捕まる理由は、大体がいるのが分からな

かったからです。

そのため、警察官がコンビニやスーパーに立ち寄ることを宣伝

しているところもあります。

コンビニでは、警察官が立ち寄るというと、万引きなどが減っ

たといいます。これこそ店の防犯対策です。

しかし、メリットだけではありません。

職務質問が問題視されていることがあります。

人によって、職務質問でプライバシーを侵害されたという意見

があります。

外見によって犯罪者かどうかを判断されたということでしょう。

確かに職務質問は突っ込んだ内容も聞かれます。

しかし、防犯上必要ということもあるのです。

防犯対策とプライバシーというのは難しい関係にあるのかもし

れません。

まとめ

防犯対策を行う人は、一般の人に限って言えば、それほど多く

はないようです。

ほとんどは警察に任せているのが現状でしょう。

警察のパトロールは確かに有効です。

犯罪者も、わざわざ警察のいるところで犯罪は犯しません。

警察のパトロール中に捕まる理由は、 大体がいるのが分から

なかったからです。

そのため、警察官がコンビニやスーパーに立ち寄ることを宣伝

しているところもあります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑