お中元 時期?マナー?お礼状?

公開日: 

お中元を贈るときに大切なのは、贈る相手のことを考えて品

物を選ぶことではないでしょうか。

季節感を考えることはもちろんですが、相手のことを良く知っ

ておくことは重要です。

最近は健康に気を配った食品をお中元ギフトに選ぶ人が増えて

います。

こうした気配りが品物の値段ではなく、気持ちがあらわれるお

中元になるのです。

スポンサードリンク

お中元の時期はいつごろなの?

お中元の時期は、7月はじめから15日ごろまでに贈るのが一般

的となっています。

最近では、6月からお中元ギフトを贈り始める方が多くなる

など早まる傾向にあるようです。

また、8月にお盆を行う地域(主に関西地方)の方へは、ひと

月遅れの8月1日から8月15日までに贈ることが多いようです。

お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もご

ざいますので、ご注意ください。

お中元 人気ランキング 2015
 

お中元のマナーを教えて?

本来はお中元ギフトを持って、先方にお伺いし、直接日頃のお

礼を伝えたいところですが、遠方に住んでいたり、仕事等で忙

しくて伺えない場合も多いため、最近ではインターネットショ

ップや店舗などから直送することが増えています。

直送する場合は、挨拶状を同封するか、荷物が届くころに手紙

かハガキを出すのが良いと思います。

内容としては、挨拶の他に、何を、いつ、どこから送ったかを

スポンサードリンク

書いておくと、親切ですね。

特に生鮮食料品などは、相手方の都合もありますので、ギフト

を贈る前に挨拶状を出しておくという心遣いがあるといいですね。

お中元は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝

いではありません。

ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。

null

お中元のお礼状?

お中元をもらった場合、お返しは必要ないのですが、お礼状だ

けは出す事をおすすめします。

相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大

切です。

電話で済ませてしまう場合も多いようですが、できれば、はが

きなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、送るのがよい

かと思います。

お中元の礼状は丁寧に書くのが基本です。

品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手の心遣いに対する

感謝の気持ちを伝えることは重要です。

また、「奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください」などと

いった一言を添える配慮や健康を祈る文章をつけるのも大切な

ことです。

まとめ

お中元ののしは、贈る時期によって書き方が変わってきます。

7月初めから15日の中元までは、「御中元」、中元後7月15日以

降から立秋ごろまでは「暑中御見舞」、立秋から9月上旬は、

「残暑御見舞」とするのが良いと思います。

7月15日(地域によっては8月15日)までの場合は、「御中元」

7月15日(地域によっては8月15日)以降の場合は、「暑中御見舞」

立秋(8月7日ころ)~9月上旬の場合は、「残暑御見舞」

お中元の時期は、関東や関西など地域によって違う場合もござ

いますので、のしの書き方には、ご注意ください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑