こどもの日レシピ 人気?離乳食?兜?

公開日:  最終更新日:2015/03/21

もともと日本では、将軍に男の子が生まれると旗指物(家紋の
ついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありました。
やがてこれが武家に広がり、男の子が生まれた印として幟を立
てるようになります。

その後、江戸庶民の間で鯉の滝登りで立身出世のシンボルとな
った鯉を幟にするアイデアがうまれ、武家の幟に対して、町人
の間で鯉幟(こいのぼり)が揚げられるようになりました。

当時は乳幼児の死亡率が高かったため、健やかな成長を祈る気
持ちの表れでもあったのです。

スポンサードリンク

こどもの日レシピ 人気

海鮮ちらし寿司☆子供の日に♪

・100人話題入り感謝!おにぎり型で簡単に作れるデコレーショ
ン寿司!お誕生会やパーティーのおもてなしに最適♪

【材料】(約8個分)

寿司飯 お米2合分

サーモン・マグロ・白身魚等、好みの魚介類 適量(今回は各4切れ)

アボカド 1/2個

貝割れ大根(無くてもOK) 適宜

錦糸玉子 適量

NEW とんがりおむすび器

【作り方】

1.今回はお手軽に刺身盛り合わせ3点セットを使いました。
この量で8個作れました。

2.材料はすべて同じ大きさの賽の目にカットします。

3.ひな祭り前から当日位まではスーパー等でお得なセット商品
が多数並びます。コチラを使うともっと簡単でコストダウンに!

4.初めに錦糸卵を敷き詰めるとご飯がお皿にくっつかず取り分
け易いですし、見た目もきれいで美味しいです!

5.具材がくっつく場合は貝割れを敷いても。今回は辛みの少な
いブロッコリースプラウトを使いました。

6.各具材をバランスよく配し、酢飯をよそいます。酢飯2合の
分量は8個分ちょうど位なので入れすぎないこと。

7.具とご飯の一体感が悪いときは、マヨネーズを具にかけてご
飯を詰める方法も。洋風になりますが勿論美味しいです。

8.上ブタで軽く押し固め、型から抜きます。

9.型から抜きにくいときは、まな板に軽く叩きつけると簡単に
抜けます(笑)貝割れもいりません!

10.大皿に円形に配し、お好みでマヨネーズをかけたら完成です。
周りを錦糸玉子とイクラで飾り付けしてみました。

11.余った具材をマヨネーズで和えてタルタル風にしてみました。

12.普通のおにぎり型でも作れますが、「とんがりおむすび器」
を使うとカットケーキのように8個でキレイに円形に並べら
れます。

13.新型のとんがりおむすび器に付属の”デコボート”を使えば、
  もっと簡単にミニちらし寿司が簡単に作れます→

スポンサードリンク

14.こちらがお船の形をした”デコボート”で作ったライスボート!
お好きな具材を小さくカットして乗っけるだけ!→

15.お子さんと一緒に作ると楽しいですよ♪
おにぎり型deミニちらし寿司

16.ボイルえびをメインに、サバフレーク・鮭ほぐし・桜でん
 ぶをサンドしたケーキちらし寿司

17.錦糸玉子とほぐしたカニかまがメインのケーキちらし寿司

18.とろとろのスクランブルエッグを乗っけた
オムライスケーキ

こどもの日レシピ 離乳食

ひなまつりの時に7ヶ月の娘に作ったお雛様のこいのぼりバージ
ョン。
離乳初期~お子様ランチのトッピングまで楽しくつかえます♪

詳細

【材料】

じゃがいも 適量

人参 適量

ほうれん草 適量

【作り方】

1.マッシュポテトに人参 ほうれん草をそれぞれまぜる。こい
 のぼりの形を作る

2.ほうれん草をつまようじの先につけて軽く押し込む感じで顔
 を描く。

3.出来上がり

こどもの日レシピ 兜

null

・こどもの日に兜の形のエビ春巻き

子供の日にちなんでエビ春巻きを折り紙の兜風に作ってみまし
た。エビのすり身に赤ピーマン 玉ねぎ ズッキーニとみじん
切りの野菜も混ぜカリッと揚げて ヤマサの昆布ぽん酢をたっ
ぷりつけていただきます。

詳細

【材料】(4~)

むきエビ
400g.

玉ねぎ
40g.

赤ピーマン
30g.

ズッキーニ
40g.

塩・コショウ・砂糖
少々.

卵白
1個分.

すりおろしたショウガ
小さじ1.

ゴマ油
小さじ1.

水で溶いた小麦粉
少々.

揚げオイル
適量.

昆布ぽん酢
適量.

【作り方】

1.エビは半分をすり身にして残りは包丁で粗めに叩き野菜は
みじん切りで水けを絞り塩・コショウ・砂糖しょうがを加
えよく混ぜる

2.12㎝×12㎝の春巻きの皮で折り紙の兜を折り折り重な
ったところには水で溶いた小麦粉でしっかりと止める

3.中に1を詰めしっかりと止める

4.高温でカリッと揚げる

5.器に盛り付け 昆布だしぽん酢を添える

まとめ

5月5日は端午の節句。国民の祝日としては「子どもの日」。
五月人形を飾り、節句にふさわしい料理をいただき、日本
の文化に親子で触れ合いたいもの。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑