魚うどんの血管を若返り効果♪奥園壽子流魚うどんの作り方レシピ

公開日: 

たけしのみんなの家庭の医学』テレビ朝日9月15日放送で、

血管を若返らせる健康グルメ『魚うどん』が紹介されました。

この魚うどんを選んだ方は、糖尿病の専門医 東邦大学医学部

教授 弘瀬貴久先生です。

スポンサードリンク

ここでは、魚うどんの血管を若返り効果、奥園壽子流魚うど

んの作り方レシピを紹介します。

魚うどんの血管を若返り効果♪

年齢を重ねるにつれて血管は老化していきます。できれば、

若くありたいものです。血管年齢が実年齢より若くなれば、

心筋梗塞や脳梗塞のリスクが減少できます。そんな血管年齢

を若くするオススメの食べ物があるのです。

それは、『魚うどん』です。

魚うどんとは?

魚うどんは、宮崎県日南市のご当地健康グルメです。それは、

トビウオのすり身を使ったうどんなのです。麺が濃厚で出汁

ともにおいしいうどんでした。

null

【作り方】

トビウオを3枚におろし、ミンチにする。卵、塩、水溶き片栗

粉を加えてよくすり合わせる。それをうどんつきで、熱湯の

中に出し、水にさらせば出来上がりです。

魚うどんの作り方 日南市漁業組合

魚うどんは、小麦粉を一切使用しません。魚うどんは、戦時中、

主食が不足していた頃、代用食として魚で工夫してうどんを作

っていました。戦後、平和のなかで、すっかり忘れられていま

したが、懐かしい味を再現してみたところ、お年寄りにも若い

人にも大変好評です。行事がある毎にたくさんの人にしたしん

でもらっています。(日南市漁業協同組合より抜粋)

魚うどんがなぜ、血管を若返らせるのか?

魚うどんを作るトビウオは、サバやイワシと同じ青魚です。

スポンサードリンク

DHA・EPAを豊富に含んでいます。DHA・EPAは、血管内のコレス

テロールを排出するだけでなく、血管内を修復する働きもあり

ます。それが、血管を若返らせるということです。

魚うどんを食べている地元の方の血管年齢を調査すると25名中

17名が実年齢より血管年齢が若いという結果になりました。

また、魚うどんを毎日食べたことで血糖値、悪玉コレイテロー

ル、中性脂肪も正常値に戻ったという方もいます。更にダイエ

ット効果も期待できるといいます。

null

食べる目安は?

週に8回食べる人は心筋梗塞のリスクを約6割低下させるという

データがあります。このことからも毎日食べたほうがいいと考

えられます。

奥園壽子流 魚うどん レシピ

番組でおなじみの家庭料理研究家 奥園壽子さんに家庭で簡単

に作れて、食べて満足できる魚うどんレシピを作ってもらいま

した。

null

奥園流うどんの麺のつくり方

null

サバ缶を使用してのうどん

【材料】2人分

さば水煮缶:1缶

強力粉:150g

塩:小1/4

【作り方】

①サバ缶の汁と身を分ける

②電子レンジ(600W)で1分温める。

③強力粉・塩・サバ缶の汁を混ぜる。粉っぽさがなくなるまで

 混ぜる。

④ほぐしたサバの身を③に入れて混ぜ合わせる。全体がまとま

 ったら手でひとまとめにする。

⑤まとめたらポリ袋に入れて5分寝かす。

⑥5分たったら袋からだし、手前にたたむ感じで20回程度こねる。

⑦ポリ袋に入れて、麺棒で生地を四角に伸ばします。

⑧ポリ袋を開き、うどんの太さに切って完成

ニラ味噌うどん レシピ

null

【材料】1人分

魚うどん:サバ缶1/2缶分

水:300cc

昆布:1×10cm・1枚

味噌:大さじ1

みりん:大さじ1

しょうが(すりおろし):1かけ

ちくわ:2本

しょうが(千切り):1かけ

ニラ:1/2束

【作り方】

①水を入れた鍋に、昆布の細切りを入れます。

②お湯が湧いたら魚うどん、斜め細切りのちくわを入れます。

③味噌、みりん、すりおろしショウガをいれて味を調えます。

④最後にざく切りのニラ、千切りのショウガをいれたら出来上がり。
 
 

キノコうどん レシピ

null

【材料】1人分

魚うどん:サバ缶1/2缶分

水:300cc

昆布:1×10cm・1枚

長ネギ:適宜

大根おろし:適宜

かつお節:1パック(4g)

えのき:1パック

みりん:大さじ1

しょうゆ:大さじ1

ゆずこしょう:お好みで

きのこはお好みのものでOK。奥園さんのおすすめはなめこ

【作り方】

①水を入れた鍋に昆布の細切りを入れます。

②お湯が湧いたら魚うどんとエノキを入れます。

③醤油、みりん、かつお節をいれて味を整えます。

④大根おろし、長ネギ、ゆずこしょうをいれたら出来上がり。

中華風トマトうどん レシピ

null

【材料】1人分

魚うどん:サバ缶1/2缶分

水:300cc

昆布:1×10cm・1枚

長ネギ:適宜

カットわかめ:2つまみ

トマト:1個

えのき:1/2パック

みりん:大さじ1

しょうゆ:大さじ1

かつお節:1パック(4g)

ごま油:適宜

【作り方】

①水を入れた鍋に昆布の細切りを入れます。

②お湯が湧いたら魚うどん、エノキ、ざく切りにしたトマトを入れます。

③醤油、みりん、かつお節、カットわかめをいれて味を調えます。

④青ネギ、ごま油、こしょう(少々)をいれたら出来上がりです。

まとめ

魚うどんの血管を若返り効果、奥園壽子流魚うどん作り方レシ

ピについて、紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

魚うどんを食べられている地元の方が血管年齢が若く、血糖値、

悪玉コレステロール、中性脂肪が正常値に戻ったという実績が

ありますね。健康に自信ないなぁ。という方魚うどん食べてみ

てはどうですか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑