新潟花火 2015 日程?アクセス?穴場スポット?

公開日: 

3日間にわたり繰り広げられる新潟まつりのクライマックスを彩る花火大会

30組以上のスターマインなどが夏の夜空に打ち上げられ、信濃川の川岸に集まった

約10万人見物者を熱狂させます。

なかでも大スターマインを一気に打ち上げる「エボリューション」は圧巻です。

信濃川の両岸のやすらぎ包からご覧いただけます。

スポンサードリンク

2015年の新潟祭り花火大会の開催日程や穴場スポットなどの情報をご紹介します。

新潟花火2014 (フィナーレ)

新潟花火 2015の日程は?

新潟の夜を彩る「新潟まつり」の最大イベントの花火大会。

毎年多数の見物者がつどい大変なにぎわいを見せる人気の花火大会です。

・開催日

2015年8月9日(日)

・開催時間

19時15分~20時30分

荒天の場合:翌日の8月10日(月)に開催

・開催場所

りゅーとぴあ会場

新潟市中央区信濃川河畔(萬代橋~昭和大橋西詰上流)

・打ち上げ数

約10,000発

・来場者数

約45万人

お問い合わせ先:新潟市観光政策課

電話番号:025-226-2608

null

新潟花火 2015のアクセスは?

・JR新潟駅またはJR越後線「白山駅」より徒歩で15分

・北陸自動車道「新潟西IC」

または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で15分

新潟市へのアクセス

新潟まつり花火大会の見どころ

バックミュージックとともに打ち上げられる花火やナイアガラ

スポンサードリンク

大瀑布のほか、新潟まつり花火大会の目玉花火は、ワイドスタ

ーマイン「エボリューション」で、新潟市内を流れる雄大な信

濃川のどちらの岸からでも、幻想的な夜を楽しめるようになっ

ています。

新潟花火 2015の穴場スポットってあるの?

・信濃川の川岸

花火大会の会場付近は広いので、無理に場所取りをしなくても、

歩きながらでも花火を見ることができます。

信濃川の川岸を歩きながらの花見見物は、涼しくて気持ちいいですよ。

・八千代橋付近

ゆっくりと花火が見れます。
・昭和大橋付近のやすらぎ堤(万代側)

信濃川の堤防であるやすらぎ堤も穴場です。

堤防なので縦に長く、人ごみに揉まれるという事はないです。

花火も良く見えオススメ・スポットです。

まとめ

新潟まつりは、住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭という歴

史ある4つの祭りが1つとなり、昭和30年に第一回がスタート

ました。

毎年8月上旬の金、土、日曜日に行われます。

金曜日には日本最大級の「民謡流し」「オープニングスターマ

イン」。

土曜日には「住吉行列」「新潟キラキラパレード」「水上みこし

渡御」「市民みこし」「手づくり子どもみこし」「音楽付き花火

ショー」。

日曜日には「住吉行列」やクライマックスの「花火大会」。

今年も新潟まつりの特徴である「まちなか花火」を期間中、毎日

お楽しみください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑