京都 五山送り火 2015 日程は?鑑賞ポイントは?

公開日: 

毎年8月16日に京都の夏の夜を演出する「五山送り火」。

夏の夜空に燃え盛る五山の送り火は、お盆の精霊を送る宗教行

事ですが、京都の夏の風物詩としてあまりにも有名ですね。

スポンサードリンク

【京都の夏の風物詩】1分でわかる 京都 五山送り火

京都 五山送り火 2015の日程は?

開催日:2015年8月16日(日)

19:50頃から市内のビルが照明を落とすと、静寂と独特の厳粛

なムードに包まれ、20:00に最初に東山如意ケ獄(ひがしやまに

ょいがたけ)に大の字が浮かび上がります。

20:05に松ケ崎西山に「妙」・東山に「法」、20:10に西加茂船

山に「舟形」、20:15に衣笠大北山に「左大文字」、20:20最後

嵯峨鳥居本曼荼羅山「鳥居形」が灯ります

各山とも約30分間、火が灯り続ける五山の送り火、京の夏の終

焉を飾る行事でもあります。

null

京都 五山送り火 2015の鑑賞ポイントは?

・「大文字」賀茂川(鴨川)堤防・丸太町橋~御薗橋の間

・「妙」北山通・ノートルダム女学院付近

スポンサードリンク

・「法」は高野川堤防・高野橋北付近

・「船形」は北山通・北山大橋から北西

・「左大文字」は西大路通・四条以北~金閣寺にかけて

・「鳥居形」は桂川の松尾橋や広沢池など

・船岡山山頂からは鳥居形を除く四山が見えると言われていま

 すが、全国から多数の方が来られます。

・また、毎年好評の鑑賞バスなども人気をよんでます。

五山の送り火の見物客は平日でも10万人を超えます、ですから

京都の町中は人であふれかえります。

なんとなく出かけると移動もたいへんですし、なすなす鑑賞ス

ポットも見つかりません。

なんといっても火が灯るのはたった1時間にも満たないので、

鑑賞する所を事前に決めて早めにでかけましょう。

まとめ

「大文字焼き」という名前で全国に広く知られています。

正確には「大文字焼き」ではなく「五山の送り火」と呼びます。

五山の送り火とはお盆に行われる京都の伝統行事で、京都を囲

む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居

形」「妙法」の形に火をともすというものです。

五つの山に5種類の送り火を焚くところから「五山の送り火」

と呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑