横浜開港祭 花火 2015 日程?見所?穴場スポット?

公開日: 

横浜開港祭花火大会(よこはまかいこうさいはなびたいかい)

神奈川県横浜市で毎年、二日間にわたって行なわれる

「横浜開港祭」のクライマックスを飾る花火大会
(ビームスペクタクルinハーバー)。

夜の横浜港が大輪の花火で彩られます。

打ち上げ花火のほか、レーザー光線による演出で、「光」

「音」「水」「花火」の華麗なショーが楽しめます。

関東でいちばん早い夏の花火大会ということもあり、

毎年70万人近くの見物客が訪れます。

スポンサードリンク

横浜開港祭 花火 2015 日程?

【日程】

 2015年6月2日(火) [時間] 20:20~20:50

[雨天] 雨天決行。荒天の場合は未定(要問合せ)

[打上数] 6,000発

[問い合わせ] 横浜開港祭実行委員会
       (TEL) 045-212-5511

[URL] 横浜開港祭 公式サイト  

[地図] 横浜開港祭 アクセス 主催:横浜開港祭協議会

共催:横浜市/横浜商工会議所/(公財)横浜観光コンベンシ
ョン・ビューロー /(一社)横浜青年会議所

横浜開港祭実行委員会

事務局 〒231-0012 横浜市中区相生町1-18 光南ビル2F-B号室

TEL 045-212-5511(代) FAX 045-212-5510

横浜開港祭 花火 2015 見所?

まず、なんと言っても、花火大会は見逃せません。

毎年6000発もの花火が打ち上がり、レーザー光線での演出

も加わります。素敵な花火大会が見れます。

首都圏では毎年最初に開催される花火大会という事もあり、

スポンサードリンク

毎年たくさんの観光客で、ごった返します。

そのため、近くて良い場所で花火を見ようとすると、大混雑を

覚悟しなければなりません。

null

横浜開港祭 花火 2015 穴場スポット?

オススメの穴場スポットは、もしゆったりと見たいのなら、会

場から少し離れますが、『港の見える丘公園』や『山下公園』

に行きましょう。花火は小さく見えますが、花火だけ見たいの

であれば、おすすめ場所です。

・有料席やクルーズ

花火も見たいし祭りも楽しみたい、でも混雑はイヤ・・・

というのであれば、有料席を利用するのはいかがですか。

例年、有料の観覧席が発売されています。ペアの芝生席が
6000円、メイン会場の椅子席がペアで9000円でした。

発売日は例年2ケ月前の4月2日頃となりますので、3月中に
は詳細がわかるでしょう。

また、横浜港のクルーズ船がこの時間に合わせて、花火見物ツ
アーをだします。

船により、ツアー内容が違いますが、プランに合わせて、利用
されるのも、いいのではないでしょうか。

まとめ

横浜港は安政6年6月2日(太陽暦で1859年7月1日)に開港され
た。開港時には特にこれを祝う行事などは行わなかったが、翌
年6月2日に開港1周年を記念して民衆が山車などを繰り出して
祝ったのが横浜の開港記念日の始まりとされている。

現在は毎年6月2日が横浜の開港記念日と定められており、横浜
市立の学校は休業日となる。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑