介護タクシーの料金体制?どのような車両なのか!

公開日: 

介護保険介護タクシーは、公共の保険である介護保険を使用す
る介護タクシーです。

介護保険を使用することで、ご利用者は10割分のうち、一割
を支払うことでこのサービスを利用することができます。

後の9割は国保連という国の組織が事業者に銀行振り込みなど
でお支払いになります。

スポンサードリンク

ここでは、介護タクシーの料金体制、どのような車両なのか、
介護タクシーと福祉タクシーの違いについてお伝えしましょう。

介護タクシーの料金体制?

介護タクシーは介護が必要な人には大変有効な乗り物ですが、
料金はどのようになっているのでしょうか。

介護タクシーの料金体系は、自治体やタクシー会社によって違
います。
一般的なタクシーと同じように距離制の会社や時間制の会社も
あります。

また、障害者手帳を持っていれば、割引を受けるサービスを行
っているところもあります。
ほとんどが1割引となりますので、障害者手帳を持っている方
は携行しましょう。

また、自治体で福祉タクシーチケットを出しているので、利用
することが可能です。
注意が必要なのは、乗り降りの際に介助が必要な場合は、別に
介助料がかかることです。

他に、ストレッチャーや酸素設備を使用する場合も、使用量が
別にかかります。
ただし、車椅子の利用に関してはほとんどが無料です。

また、時間帯で料金が変わることもあります。
大体の事業所は23時から翌朝5時まで深夜料金を請求します。
おおよそ2~3割アップになります。

内容や料金を知りたい方は、インターネットで検索してみると
いいでしょう。
介護保険が使えない事業所もあるので、詳細は各事業所に電話
などで確認しましょう。

介護タクシーはどのような車両なのか?

介護タクシーは介助を必要とする方が1人で外出できるように
誕生しました。
介助が必要な方なら、身体障害者、高齢の方、一時的に怪我な
どで介助を必要とする方など、どなたでも利用できます。

スポンサードリンク

また、車椅子を利用されている方も、そのまま乗ることができ
ます。
車両はリフトの着いたミニバンやワゴンタイプが多く、車椅子
での乗り降りも簡単です。

車椅子で乗り降りするときは、後ろの扉を開け、収納されてい
るスロープを引き出し、車椅子のまま乗り降りします。
また、電動リフトが着いているタイプもあります。

付き添いの方は大体2名まで乗り込めます。
またストレッチャーを乗せられるタイプもあり、付き添いの方
も乗ることが出来ます。

車内ではしっかりと固定しますし、点滴棒が必要な場合予約の
際に伝えれば用意可能です。
また、吸引器も、コンセントがつかえますので、予約の際に伝
えましょう。

車両は会社によって様々ですので、確認するといいでしょう。

null

介護タクシーと福祉タクシーの違い?

福祉タクシーは介護タクシーと同じような目的があります。
しかし違いは確かにあります。
介護タクシーは乗務員にホームヘルパー2級以上の資格が必要
です。

よって送迎や乗り降りの際の介助が行え、さらに病院の中まで
の付き添いもできるのです。
他に、着替えの介助や外出の準備も手伝います。

そして介護タクシーには介護保険が適用されます。
ここが大きな違いです。
福祉タクシーは介護保険適用外のサービスです。

基本的には身体障害者の外出の際に利用することが目的ですが、
対象者となるのは補助が目的あり、介護が必要な高齢者の利用と
区別しています。

ホームヘルパーの資格を持っているわけではないので、介助サー
ビスは行えません。
ただし、車椅子やストレッチャーは十分な研修を受けているので
利用できます。

まとめ

高齢者が増加し、介護保険に期待する部分がより増している現
状の中で、介護保険介護タクシーは、ご利用者の利便性が大で

あることから、地域社会に貢献できる事業として、発展性のあ
る事業として今や注目されています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑